1. HOME
  2. >
  3. ブログ
  4. >
  5. 表現の不自由展

Blog

ブログ

2019年08月31日(水)

表現の不自由展

表現の不自由展について、何度かツイートしたのでそのまとめです。

まず炎上直後くらいのツイート。

 

 

この投稿はジャーナリストの江川紹子にも取り上げていただきました。

 

https://biz-journal.jp/2019/08/post_113024.html

 

その後一部弁護士の表現の自由に対する見解に憤慨。

 

そしてその後長めにツイートしています。

以下文字起こし。

 

あいちトリエンナーレ、表現の不自由展、私も一旦承認を受けた以上やはり中止には消極的です(今回は安全確保が理由でしたが)。

公金運営だから政治的中立性が求められるという点についてですが、誰がどういった基準で政治的中立性を審査するのか、限界はどこなのかという問題が出てきます。

 

今回は限界を超えていると多くの方が言いやすい事案だと思いますが(私も津田氏の姿勢には全く賛同できない)、この限界判断は極めて難しいと考えます。

そして、この限界判断を行政に任せてしまうと、行政に都合の悪い表現が制約されかねません(たとえば共産主義国家での表現規制)。

そのような表現は私費でやれば良いという考え方もあるのですが、この問題は芸術だけでなく学問への公金支出にも波及します。

学問は時に行政さらに国民にとって不快な内容にも踏み込むべきことがあります。

 

ではどう判断するのかですが、良く言われているのは専門家集団の判断に委ねるという手法です。

今回でいえば芸術監督やキュレーターということになると思います。

事後的な検証は、彼ら(特に実績のほぼない津田氏)がなぜ選ばれたのか等のプロセス審査で、内容審査を行うことに私は消極的です。

勿論説明責任は尽くされるべきだと考えますが、展示内容自体は対抗言論等で批判すべきと考えます。

 

最後に、今回の展示内容が表現としてやはり一線を越えているのではないかという点ですが、名誉毀損等違法に至らないレベルで一線を引いてしまうと、その一線が容易に動かされる可能性があり、それは過度な表現規制に至りかねないと危惧しているため、私は一線を引くことに消極的です。

 

今回の件は、左右問わず表現の自由を強調してきた政治家にとって踏ん張りどころだったと考えています。